美活*麹+いつものごはん

何歳になってもキレイになりたい!

【今が旬のイサキで】塩麹に漬けて干物にしてみた、そのお味は?

f:id:hisaponpon213:20200509212112j:plain

先日はアジを1〜2時間だけ塩麹に漬けて焼いて食べましたが、本日はイサキをしっかりと2日間塩麹に漬けて干して、干物にしました。

塩麹は、魚を漬けたり干物にしたりと何にしても美味しいですが素材になる魚はもちろんですが、塩麹もやはり美味しいものを使わないと、何となく心から美味しいと思えないんですね。

 私もまだ、そんなに多くの麹を試したわけではないので偉そうな事は言えませんが、今まで食べた麹で「ああ、美味しいな」と思ったのは、スーパーでも手に入るみやここうじと

和歌山県の湯浅醤油さんの生麹です。

 

 

作り方は先に甘酒を作ってから塩を入れる、旨塩麹です。

 

www.hisaponpon.com

 

 

www.hisaponpon.com

 

塩麹は米麹と塩、水で作りますが、米麹を作る蔵元さんで塩麹の水や塩の分量が違うので、ぜひ一度はその蔵元さんの書いてある分量で作られることをオススメします。

 塩と水の分量の違いで塩麹の味も違ってきますので、やはり蔵元さんはご自分で作る米麹の美味しさを引き出す分量をよくご存知なんだと思います。

 

 

 本日使ったイサキですが、今が旬で脂がのってとても美味しいです。

 

イサキの塩麹漬け干物の作り方

f:id:hisaponpon213:20200509215829j:plain

今回は頭と内臓を取って二枚おろしにしてもらっています

f:id:hisaponpon213:20200509215944j:plain

このイサキを半分に切って、皮目に切り込みを入れて塩麹に2日間漬けます。(写真には鯛の切り身も入っています)

イサキが脂がのっていてサイズも大きかったので今回は塩麹を大さじ4ほど加えて漬け込みました。

 

f:id:hisaponpon213:20200509220431j:plain

後は表面が乾くまで干すだけです。

専用の網を使うと後洗うのが面倒なので、いつも下に受けるものに100均の網を置いて干しています。

 

イサキの干物を焼いてみる

f:id:hisaponpon213:20200509220819j:plain

美味しそうな焦げ目を付けたいので、ガスコンロの魚焼き機で焼きます。

この時、洗い物を楽にするため中に入るトレーににアルミホイルをかぶせて魚を置きます。

イサキは身崩れしにくいし、身が厚いので裏側から焼いていきます。

火加減は焦げやすいので弱火です。

f:id:hisaponpon213:20200509221430j:plain

裏が少し焼けたら皮側を上にして、弱火でじっくり焼いて美味しそうな焦げ目を付けていきます。

f:id:hisaponpon213:20200509221558j:plain

少し焼きすぎた感はありますが…

このままでもいいですが、最後にみりんをハケで2回くらい皮目にぬって少し焼いて乾かしてを繰り返すと皮がパリっとして艶も出てきます。

 

お味は?

イサキは皮がパリッとしていて美味しかったです。

脂がのっているので、むしろ冷めてからの方が味がよくわかってジューシーで美味しく感じられました。

 

 

脂ののったイサキは本当に美味しく、刺身で食べる場合も買ってきたその日に食べずに一日置くと脂が馴染んで、まるでマグロのトロを食べているかのように美味しくなります。ですので我が家では一日置きますが、食中毒などの問題もありますのでこれは自己管理でなさってください。

 

今が旬のイサキ、この美味しさを知ったらはまってしまいます。