美活*麹+いつものごはん

何歳になってもキレイになりたい!

湯浅醤油さんで取り寄せたこだわりの米麹、そのお味は?

f:id:hisaponpon213:20200120132914j:plain

先日、注文した生米麹が届きました。

今回注文したのは

世界一の醤油を作りたい。創業明治14年 紀州湯浅名産の湯浅醤油さんです。

 

 

 醤油で有名です。

しかし今回は醤油は頼まずに生米麹だけ頼んでみました。

 

生米麹 の感想は?

 甘い!です。

そのまま食べて驚きました。

 そう、生米麹自体がとても甘いのです。

これなら、別に発酵させなくてもそのまま食べれてしまいます。発酵学者の小泉武夫さんによると

米麹は胃腸薬代わりになり食後に何粒かを口に放り込めば胃が丈夫になる

ということで、こちらの麹ならいくらでも食べれます。

 むしろ、おやつ代わりにポリポリとつまめます。

 

米麹へのこだわり

f:id:hisaponpon213:20200120143016j:plain

こちらの米麹は少し黄色がかっているのです。

✔️こちらでは、金山寺味噌を作るのと同じ黄麹菌を使っています。黄麹はしょうゆ、味噌、日本酒など発酵食品には欠かせない存在でデンプンの分解力が強く、味噌や甘酒を作ると甘くなる上に早く熟成して美味しくなります。


 ✔️昔からの変わらない製法で、職人の技と勘で微妙に調整して仕込みます。

 

 

さっそく塩麹を作ってみた

f:id:hisaponpon213:20200120144926j:plain

まずはこちらのホームページに記載されている分量です

米麹    200g

塩     53g

お湯(80度)     150cc


私はこちらを見ずに今まで通りに作ったので、はじめは失敗しました。

f:id:hisaponpon213:20200120145400j:plain

そう、お湯を米麹200gに対して250g入れたので仕上がりがシャバシャバで味のぼやけた塩麹になってしまいました。麹自体の水分量が多いのです。

ですので、次に作ったときは

米麹200gに対してお湯を200g、塩60g

こちらは大成功、いつもの旨塩麹を作る要領でまず麹と水だけで3時間発酵させてから塩を入れました。

塩を入れる前に少し味見をすると、まあ甘い事!

まだこの麹で甘酒を作ってないのですが、もう期待だいです、楽しみです。

 

こちらは旨塩麹について書いた記事です。 

www.hisaponpon.com

 

まとめ

 こちらの生米麹はとても甘く、美味しいと感じました。

作った塩麹も旨味と甘みが強く料理を美味しくしてくれます。

こちらの米麹でもっと色んな料理を作りたいと思います。

仕上がりがとても楽しみです。