美活*麹+いつものごはん

何歳になってもキレイになりたい!

春の訪れを食べて、楽しむ 喜び 白魚料理

f:id:hisaponpon213:20180412214006j:plain

今年の超寒かった冬が終わり、ようやく待ちわびた春が来た

春がやっと来たかと思えば桜はさっと散ってしまいあっという間に山ツツジも藤も満開でもうすぐ散りそうな様子だ

早い!早すぎるもっと季節の移り変わりを楽しみたいのにさっさと過ぎていく

と毎年この時期同じ事を考えている

働き盛り、子育て盛りの身としてはそんな余裕さらさらないのだ

しかし花の移り変わりを楽しむ余裕は毎年持っている

 

そしてこちらの魚はと言えば、少し前まで天然のヒラメや鯛が美味しかったのにメバルやカレイがとても美味しい

それに赤貝、赤貝とわけぎのぬたなんかを食べると春だなとしみじみ思う

このぬたの赤貝は刺身の赤貝を使って軽く酒で炒ってから湯がいたわけぎと一緒に甘めの酢味噌で和えたとてもお手軽なものだ

若い頃は見向きもしなかったぬたを好んで食べるのだから私も若くないということなんだろう

でもこれも歳を重ねて得る喜びと思えば気分は悪くない

f:id:hisaponpon213:20180412220631j:plain

そして最近のご馳走はこの白魚だ

この白魚、よく見るととても可愛い顔をしている

正面から見るとまるで笑っているようだ

よく白くて細長く、透明感のある指や手を“白魚のよう“というが

この白魚、実際に調理してみると見た目と違い結構ガッチリとしっかりしている

写真はないが先日白魚で卵とじを作った

驚いたことに口の中でウロコかなり舌に当たった

白魚ってウロコがあるのか!とショックだった

f:id:hisaponpon213:20180412221432j:plain

数日後、白魚で佃煮を作ってみた

ぬめりがあるので一度さっと湯がいてから合わせた煮汁でことことと炊いた

炊く間に身がぼろぼろになってしまうのではとも思ったがしっかり白魚の形のまま炊き上がった、何だか強いな、骨太だなと感じた

f:id:hisaponpon213:20180412222023j:plain

そして今日、ダンナが白魚を唐揚げにしたら美味しいらしいよと言うので唐揚げにしてみた

f:id:hisaponpon213:20180412222159j:plain

白魚を軽く洗って下味の酒、塩、こしょうをしてビニール袋に入れてから片栗粉を振りながらまぶす

f:id:hisaponpon213:20180412222344j:plain

そして油で揚げる

f:id:hisaponpon213:20180412222421j:plain

1匹で揚げるか固まりで揚げるか迷ったが、面倒なので小さい固まりで揚げた  仕上げに青のりを振る

この唐揚げ、文句なしで美味しかった

子供もよく食べた

始めは、こんな細い物を唐揚げにできるのかと心配だったが思うよりやってみるもんだな

あと、白魚の風干しとかやってみたいな

何だかんだ言っても唐揚げが一番楽なので当分唐揚げに落ち着きそうだ

ダンナに“私の指みたいなやつ唐揚げにしたよ“と伝えたのだが全く分かっていなかった…

 

f:id:hisaponpon213:20180412223611j:plain

今、実家の畑にあるたらの芽がにょきにょきと出てきている

このたらの芽は植えた物だからかあまり苦味を感じない

せっかくなので天ぷらに

f:id:hisaponpon213:20180412223909j:plain

小さい物は束にしてハムで巻き天ぷらにしよう

 

f:id:hisaponpon213:20180412224023j:plain

これはハムがたらの芽の苦みと合わさってとても美味しかった

日本の四季は本当にありがたい

季節の物を食べて季節を感じれる、本当に有り難いひとときだ