美活*麹+いつものごはん

何歳になってもキレイになりたい!

ふっくら美女とスマートな美女どちらがお好き?

f:id:hisaponpon213:20180219203632j:plain

キツネカレイに本当にはまっている

以前書いた、キツネカレイは下関周辺でとれたものが良いというのは私が山口県に住んでいるからである

こちらには鳥取県などでとれたキツネカレイもよく見るのだが流通の点から言えばやはり下関でとれた物のほうが新鮮な状態でこちらに到着する

なので他の県でとれた物が悪いと言うわけでは決してない

要は新しいか、古いかの違いだ

 

キツネカレイと言えば煮つけが美味しいが私の中では焼き物が一番だ

干物も美味しいが、少し工夫をして今回はキツネカレイの粕漬けと昆布締め2種類の焼き物を用意してみた

 

まずはふっくら美女の粕漬けから

f:id:hisaponpon213:20180219204325j:plain

先ずは下準備として粕漬けも昆布締めも3%の塩水で一晩浸けた

そして塩水をきり、粕漬けは市販の安い粕、味噌、砂糖、塩を練り合わせ酒で浸けやすい柔らかさまでのばすだけ

市販の安い粕を使った代わりに酒は広島の八反錦で作られた日本酒を使用

f:id:hisaponpon213:20180216124951j:plain

 

カレイを3等分にして粕と一緒にビニールに入れて丸3日冷蔵庫で寝かした

f:id:hisaponpon213:20180219204947j:plain

とても焦げやすいので超弱火でやく

f:id:hisaponpon213:20180219205145j:plain

浸けて焼くだけ、とても簡単だ

味はというと、日本酒香る何ともふくよかで美味しい粕漬けが出来上がった

これは晩御飯と言うよりも朝御飯にでてきたらこれに白ご飯と味噌汁で幸せな1日を過ごせそうだ

粕漬けの分量は適当に合わせたのでのせることが出来ないが砂糖と共に塩味を効かせることがポイントだ

粕床を食べてみて何て美味しいんだと思えれば成功は間違いない

 

次にシャキッとキリッと旨いスマートな昆布締め

これは粕漬けにするよりも何倍も簡単だ

f:id:hisaponpon213:20180219210342j:plain

塩水に浸けたカレイを一晩昆布締め用の昆布に挟んで上から軽く重しを乗せるだけ

後は食べやすいように切り込みを入れて焼く前に少し酒を塗って弱火で焼くだけだ

この昆布締めも昆布の香りがしてとても旨い

しかも干物のように干していないので身がふっくらとしてとてもジュウシーである

干物が悪いと言うわけではない

干物は味が凝縮していてとても旨い

干す手間がないぶん昆布締めのほうがお手軽かもしれない

そして昆布の香りで酒も進むしご飯も進む

キツネカレイって本当に旨い魚だ!煮付けしかないと思っていたこの魚

見直して惚れ惚れしている

 

キツネカレイといえば子を持っていることがほとんどだと思う

焼く場合そのまま焼くとカレイは焼けて子は半生ということになりかねない

 

なので子は身から外して身は身で、子は子で焼くことをお勧めする

塩をするときも、浸ける時も身から外して別々で浸けたほうが味が染みて美味しいのではないかと思う