美活*麹+いつものごはん

何歳になってもキレイになりたい!

旨い!簡単!焼き太刀魚とキノコの南蛮漬け

f:id:hisaponpon213:20171002205900j:plain

 

10月に入り秋が段々と深まっているように感じます。

紅葉はまだまだですが、柿の葉がちらほらと良い感じの色になってきています

 

私は太刀魚が大好きです。何にしても美味しいです。

太刀魚と言えば、昔よく主人がセリで買うのか注文するのか分かりませんが、五島列島の太刀魚を買っていました。それはもう大きな太刀魚で、脂ののりもこちらのものとは比べ物にならないくらいです。

 

そしてその太刀魚は大抵鮮度が悪く、銀色もほとんどとれかかっていて食べても大丈夫なのかとよく思ったものですが、これが塩焼きで食べたらとても美味しいんです。太刀魚は少々鮮度が悪くても食べれます(笑)

 

またあの太刀魚を食べたいなと思っていたら、大手のスーパーで鹿児島産の大きい太刀魚を見つけました。なんと!一切れ1000円!こんな高い太刀魚買えるか!!と心の中で大文句を言いながら帰りました。

 

今日の太刀魚はよく売っているサイズの、もう3枚におろしてある太刀魚の片身分を使いました。

 

焼き太刀魚とキノコの南蛮漬け

(     太刀魚片身分     )

・太刀魚片身

・酒、塩、こしょう、片栗粉

・シメジ、エリンギ、椎茸 、人参   適量

・ニンニクみじん切り     一かけ

・サラダ油     適量

 

 

南蛮酢

・酢     50㏄

・水     50㏄

・砂糖     大2

・薄口醤油     小2

・カボス、スダチ、柚子などの柑橘1個

 

 

作り方

f:id:hisaponpon213:20171002234215j:plain

太刀魚を4~5等分にカットし、下味の酒、塩、こしょうをかける

f:id:hisaponpon213:20171002234408j:plain

フライパンを強火で熱し、熱くなったら火を弱めてサラダ油を入れ、再び火を強めて片栗粉を付けた太刀魚を皮目から入れて焼く

f:id:hisaponpon213:20171002234559j:plain

焼き色がついたら裏返して火を通す

f:id:hisaponpon213:20171002234753j:plain

容器に南蛮酢の材料を全て合わせておき、太刀魚が焼けたら南蛮酢に浸ける

f:id:hisaponpon213:20171002234951j:plain

太刀魚を焼いたフライパンに再びサラダ油を入れ、ニンニクのみじん切り、適当に切り分けたキノコと人参を入れ、炒めて火を通す

f:id:hisaponpon213:20171002235436j:plain

キノコと人参に火が通ったら太刀魚の南蛮漬けの中に一緒に浸ける

 

 

この料理のコツ

コツというコツがあるわけではありませんが、太刀魚もキノコもフライパン一つで焼くだけで出来るので、簡単で手軽に出来て、手間も取りません。

 

南蛮漬けですので日持ちもしますし、つくりおき出来ます。調理時間も15分もあれば出来ると思いますので是非作ってみてください。

 

最後に、南蛮漬けの合わせ酢にこれからの時期の柑橘があれば輪切りにするのとは別に一つでも、果汁を絞って入れていただくとまた柑橘の香りもプラスされ美味しくいただけます。